旦那 いびき いらいら

無呼吸症候群の心配はなさそうだけど・・・

いびき 対策 夫

 

普段はよっぽと疲れてない限り、夫のいびきは気にならないが、飲んで帰ってきた日は、「あー、やっぱり始まったか」と思います。

 

子供が生まれてから、少しの音でも敏感になってしまったようで、必ず目を覚ましてしまいます。しばらくは、止むのを待ってみたり、翌日にどんないびきだったかを伝えるために聞いているのですが、あまりにも続いたり、大きかったりするときは子供が起きてもまた大変なので、顔を横向きにするか、肩をトントンとたたきます。これで、大抵は止まります。

 

イビキをかいているときは、真上に顔が向いていることがおおいです。

 

ほっとして、私もまたうとうとと眠りに就いた頃に、再び気になる騒音が…。自分の心に余裕があるときは、割と優しく肩をトントンと、でも、もう何度も繰り返したり、イライラがたまっていると、起こすくらいに肩を揺さぶってみますが、そもそも酔っぱらって寝ているために起きたとしても、爆笑したり、寝言のような起きてるようなことばをしゃべったりするので、私のイライラも笑いに変わります。

 

心配なのは、よく聞く「睡眠時無呼吸症候群」です。いびきが始まって、しばらく聞いてみるのは、途中で呼吸が止まらないか、観察しているという一面もあるのです。自分でもよく夜中に頭が働くなぁと思いますが、子育て中の母親なら、夜中に子供が布団を頭からかぶってしまってないか、とか、寒くないかとか、時々様子を確認するのが常で、その感覚と同じだと思います。

 

いまのところ、幸い、いびきが続くか、自分で寝返りを打ってくれたりしていびきが止まるかで、呼吸は大丈夫のようですが。

 

この夏は、クーラーの設定温度の関係で夫はリビングで寝ていたのでとても寝やすい夜が続いてます。でも、たまに、「昨日、いびきすごかったよ。疲れてた?」と夫から指摘されることもありますが。